2014年12月31日水曜日

12/31

今年最後はウチの子の絵。
ピカソの画集を見せたら「わーいいな!僕も描こう!」
ばばばー。
速い。そしてめっちゃいい絵。
この瞬発力は見習わなければいかんなあ。

では良いお年をお送りください。

2014年12月30日火曜日

12/29

初めてゆっくり歩いた広島の河岸。
横川駅から仕事場までの道。

自分の内なる水面と本当の水面は響き合うと思っています。科学的に証明してくれなくて大丈夫。
なぜなら水辺を歩くと気持ちがいい。要らないことを洗い流してくれるかな。

その効き目はともかくそこに映る空模様の綺麗だったこと。
最近は洪水とか津波とか、心配ごとがいろいろ多いけどやっぱりいつかはどこかの水辺に住みたい。



2014年12月28日日曜日

12/28




年末の掃除で家のいろいろなものを片付けていたら、ポルトガルで買ってきた黒板が出て来た。
これ、水で絵が描ける。描いたそばから消えて…行く。
おもしろーい。
掃除どうなった。仕事は…。
(髪切りました)

2014年12月27日土曜日

pocopenさんの“tingatinga song”

cover art: kazuhiro nishiwaki

わたしにとってさかなの二人、つまりpocopenさんと西脇さんは学生の頃から憧れの人たちで、今でもそうです。

pocopenさんの「bonjour monsieur samedi」はぜったいに!この地上の他の何処にもない音楽だと思って大切にしていてやっぱり今でも聴いている。
だから驚きの2ndなんだ。それが20年ぶりにwindbellから出るなんて。

pocopenさんのアルバム“tingatnga song”。
ドキドキしながらCDをトレイに入れる…
pocopenさんの歌が部屋に流れ始める。約束されたように当然のようにカッコいい歌の数々。

はずんでる。歌とギターがはずんでいる。
音楽が確かに存在している。そのものがはずんでいる。
聴いている自分もはずんでしまう。

スウィングじゃない。全く別の…うまく説明出来ないけど。
わたしには音楽の語彙がないから説明出来ないというのもあるけどそもそも音楽の辞書にものっていないだろうな。
だってこの感じはpocopenさんにしか絶対につくれないものだから。
はずんでいながらも歌の裏にひろがるくすんだ悲しみの景色も見えるような気がする。
このジャケットの絵のように。

mama!milk のお二人やエマーソン北村さん、菅沼さんたちの演奏もモデストで素敵だ。マスタリングはしょうじさんだ。
大人のしごとだ。

pocopenさんの書くボーイッシュな歌詞も久しぶり。
どうしてこんないい詩が書けるんだろうとこれも昔からの謎。

たとえばtingatinga songという言葉は曲名にも歌詞にもないし、最初は、ん、アフリカ?と思いながら聴いてみて違うし、一見は何の関連もなさそうなのにアルバム全体を聴くとtingatinga songって感じだよなあと妙に納得させられてしまう。そういう言葉使いのセンスが凄いです。



はー。なんか感無量。ありがとうございます、と、東京と京都方面に敬礼したくなる。というか拍手。それに花束…!

ほんとうに素敵な音楽です。

アルバムのリリース元のwindbell記事へのリンクしておきます。音も聴けます。わたしは今日まで聴きたいのを我慢していましたけどね。
windbell journal

2014年12月26日金曜日

12/26

ありったけの鉛筆をかき集めて鉛筆画。
手も真っ黒、裾も真っ黒。紙の上で暴れる鉛筆のこの感じが久しぶり。
整えというより描画に消しゴムも積極的に使う。さっ筆も指先も。

描かれた紙も山とたまってきた。峠は越えたかなあ。
(でもまだまだ終わらない)
描きながら今まで世界中で描かれてきた数え切れない数の鉛筆画のことを思ってしまった。
それは殆どは捨てられてしまうものだろう。
でもだれかがこっそり拾い上げてみているかも。

鉛筆は言葉でもなく計算のためでもなくただ絵の中の輪郭線や陰影のためのものに回帰していくだろう。
鉛の芯を木が取り囲んだ物体。それを刃物で削っていく。
少しづつ短くなっていく。それが惜しいようなうれしいような不思議な。

閉じこもっていたら外の空気を吸いたくなる。
開きもしない資料の束をカバンに入れるのは外出のための言い訳だと思う。

2014年12月25日木曜日

12/25


今日はなんだか青くてきれいな日だった。
ずーっと冬が続いて欲しいとこっそり思っている。
中断していた絵本を描き始め。
去年も絵本の作業しながら年を越したのだった。

2014年12月24日水曜日

しごとば






しごとば。せまい。さむい。しずか。
へんなものがたくさんある。

たのしいところ。
くるしむところ。
さぼりたくなるところ。
ブラッサンスの歌をきくところ。
もちろん絵をかくところ。
来てしまうと手ぶらでは帰れないところ。

木の立体群はさぼり心の産物なのだよなあ。
年末まで通いますよ。

今夜は帰り道の月がきれいでした。
三日月より細くて鋭利な…なにか呼び名があるのかな。

12/23






作業場の掃除。トレス用のライトテーブルをもちこんだ。
昔はトレス台なんか「じゃどう」だ、と言っていたのに今は欠かせない。指先の形、髪のなびき、風景の中の木の場所とか違和感のあるところを少しづつなおしながら考えながら形を整えていく。コピー用紙に何枚も書く。正解はないけれどあるような気がする。違和感の無いポイントというものが。その考えながらというのが辛くてたのしいという複雑な心理状態になる。辛い時は本当はもしかしてたのしいのだろうか。あたまがヒリヒリしてしまい基礎体力が足りないことを実感してしまう。絵本も漫画も本書きに至らないので、まるで少しも進んでいないのではないだろうか、という気持ちになり呆然とする。

表面的には時間がかかっていないように見えて、本当は時間がかかっているというようなことが大切だと思うし、こういうことを好きになりたい。

それとやっとたどり着いた図書館で資料探索。
のはずが最初の棚で読みたいものがしかも資料と関係ないもので制限殺数を越えてしまった。いい図書館。きっと通う。

写真は図書館への道すがらにある公園の池。





2014年12月23日火曜日

12/22

仕事場のある街区からから川を渡って公園に入るとプラネタリウムがあって
そのままずんずん公園を進んで行くと図書館がある。
その隣りには映像文化ライブラリーも。ここ、すごく面白そう。
近くにいながらいままで意識していなかった。くやしいー。

さて図書館は…。ぐ。休館日なのであった。
明日めげずにまた。

冬空スケッチ。人が大き過ぎだね。

2014年12月21日日曜日

12/21

そろそろ年末。
すたすたと枯葉を踏んで京都を歩きたくなる。
でも人多い。
いちお、仕事。
自分にとっては新しい領域。
ドキドキする。
駅伊勢丹でミロコマチコさんの伊勢丹デパートの仕事、そしてnowakiで素晴らしい二名良日さんの植物のドーナツを見た。

いいものを観ると疲れていても元気になると友達が言っていたけどその通りだ。
今から広島に帰ります。

p.s. 帰って来たら広島は雪でした。

2014年12月19日金曜日

12/19








近頃はただ歩くだけでいいなと思う。もっと歩きたいな。
やみくもにほうぼう歩き回っていたころより力は落ちたと思うけど、それでももっと歩きたい。
探さない振りをしながらも心の底ではきれいな瞬間を見たいなと願っている
どこかからどこかへと去りながら。
鳥はすごいなあ。その時の自分のいるべき場所をきっと知っている。


2014年12月17日水曜日

12/17

降ってくるひとつひとつの絶妙な速度とその残像の神秘的な曲線。すべて違うかたち。

窓越しに見ているのを我慢できず、コピーを取りに行くという言い訳をして真夜中の街を散歩してしまった。いい年してわーと声がでました。雪ですよ。

2014年12月10日水曜日

12/10

野営だー。
視線に振り返るとピロスマニが描いたような月。

2014年12月7日日曜日

12/7


家族の誕生日のために焼いたプリンが爆発。
久しぶりの製本。

2014年12月6日土曜日

「水俣から福島へ」

岩波書店刊「水俣から福島へ 公害の経験を共有する」カバーの絵を描かせて頂きました。ふたたび点描です。著者は小児科医の山田真先生です。
原稿を読ませていただき、山田先生の活動を知らなかった自分を恥じました。

山田先生は40年以上前から被害者の立場から森永ヒ素ミルク事件や水俣病の問題に関わられています。また広島、長崎の原爆やビキニの水爆実験にも詳しく、当時の国や企業の対応についても知り尽くしておられます。それらがどういう結果をもたらしたかというと経済的な理由や政治的な配慮を優先し被害者が切り捨てられたこと、またそれどころか時には医学的なモルモットにされたということです。その実例をひとつひとつ挙げながら、2011年の福島の原発事故での国や東電、またマスメディアでの対応もまた過去と全く同じ構図の繰り返しであると書かれていて、そこにとても説得力があります。

国や企業は組織であり、人ではないので個人の命や幸せなど優先しないとはわかっているつもりですがここまではっきりと被害者が切り捨てられていると知るとやはりショックを感じます。

原発事故の被害は今も進行中なので、読むのがつらいところもあるのですが、でもページを捲らないわけにはいかず、もうこの手の嘘に騙され、振り回されたくないという気持ちになります。
(それでも騙されてしまうのでしょうが)
文章自体はやさしい言葉で書かれているので読みやすいです。
もう少し話題になってもいい本ではないかと思います。

2014年12月3日水曜日

忘れられ鳥






recipe
1.ニヤニヤしながら描いたミニドローイングを読んでいる本のページの間に隠す。 
2.いつかの再会を楽しみにしつつ忘れる。

2014年12月2日火曜日

12/2

photo okada kayaポルトガルの旅のかけら。編集会議中。

2014年11月30日日曜日

キセルの「明るい幻」

独りで 行く道は 宛もなく ざわめき
輝く その訳を 問いかける世界が
君を待っているように

いい歌詞ですね。泣。
もうすぐキセルのアルバム「明るい幻」がリリースされます。
キセルの歌を聴くとあの旋律に乗って何処かに飛んで行ってしまいたくなります。
あのギンヤンマのように。

このアルバムでは彼らが見つめるのはまず自分たちの足もとであり、ありのままの景色のようです。キセルの二人ははっきりとは言わずも、ぽつぽつとそのような話をしてくれました。
音と言葉に身をひたしてみると、たしかに歩いている感覚があって、そこはざわめく原野のような場所で、歩いたり立ち止ったり、風の歌に耳を澄ましているような。けれど同時にここから何処にでも行こうという気持ちも浮かび上がってくるような、そのような感覚に心を揺さぶられます。

沢山描いた絵の中からあえてあの絵を選んでジャケットにするのは勇気がいることで、最終的にはキセルの二人が決めたのだけど、音を聴けば聴く程、詩を読む程にこの絵を選んでもらえて良かったなと思っています。(キセルの以前の作品の絵も素晴らしいものばかりで緊張しました…)

12月3日発売です。
わたしはもう本当にずっと繰り返し聴いてます。
どの曲にも思い入れができてきました。

2014年11月29日土曜日

11/29



火星の庭での「旅するブックシェルフ」で展示中の絵の題材にした「昼の家、夜の家」の小説になった舞台を調べたら、想像していた場所と現実の景色がとても良く似ていてびっくりしたことがあります。わたしはポーランドの地方にあるこの街のことを知らないし、もちろん絵の制作時に画像資料にあたっていません。でも読書にのめり込むことでやっぱり旅してしまったのかな。不思議なことだと思います。
ちょうどこの小説にもこんな感じの不思議なことが書いてあるのです。
眠りと夢を通じて、人と人がつながっているような。
大変おもしろい小説なので、おすすめなのです。

2014年11月28日金曜日

11/28

仙台の火星の庭での「旅するブックシェルフ」の搬入、辻山さんとのトークとドローイング、終わりました。
北の国の火星に降り立ち旧友に会えました。cartaさんやキエツさん。 そのあとも飲みにつれてってもらったり(朝の3時まで!)町を歩いたり、いろいろあったけど火星の庭でのんびり本の背を見ていた時間がいちばん楽しかったかもしれない。とってもいい本屋さんなのです。 
またその温かな時間の対極のように海辺のあの何もない風景が思い出されます。 青い景色のなかを雨風が吹いていた。工藤さんの言葉は忘れられない。
 いなくなった人たちの分もしっかり生きなくては。いや、そんなに肩肘を張らなくてもいいのか。 
でも、できることは少ししかないけれど明日もその次もと考えて手を動かし続けることで応えたい。
それは「誰に」「何を」なのだろうということはわからない。 わからないことの大切さは今ブックシェルフにならんでいるシンボルスカの詩にもちゃんと書いてあります。 

自分にとって大切な時間をブレゼントしてもらいました。 三日間たっぷりつき合ってくださった火星の庭の前野さんご夫妻、そしてこんないい企画をしてくれた辻山さん。 ありがとうございました。 いったん広島に帰ってきました。 海太郎君のコンサートの準備段階から数えるとなかなかな長旅で、お待たせしてしまっている絵もいっぱいあって、また机の上の旅から出直したいと思います。

火星の庭での旅するブックシェルフの展示は始まったばかりで12月15日まで。ぜひ!

火星の庭

2014年11月26日水曜日

11/26

仙台に来ています。
今日の夕方からは火星の庭でトークとドローイングです。

昼の間は前野さんに無理をお願いしてあの津波の跡を案内してもらうことになりました。雨です。

イアコッペさん

上野から東北新幹線に乗る前に初めてイアコッペさんにご挨拶しました。
いろんなコッペパンがあるのですが選んでセット買いするとこんなカードがつきます。
私の版画が印刷されてあって、裏は木村衣有子さんによる洒落た文章です。
火星さんのお土産と自分用にも買ってピスタチオのサンドにしました。
ココア色のパンに鮮やか緑のコントラスト。おいしー。
カードは12ヶ月変わっていきます。今月はロダンですね。

2014年11月24日月曜日

旅するブックシェルフ。北へ。



umitaro's organ


東京滞在中。青森からコンサートに来てくれたゆぱんきのあやさんが林檎をくれました。長旅や公演の疲れも復活。 そういえば長野の友達からも最近林檎をもらった。

ここのとこ果物にいろいろ助けてもらっているような気がする。
一呼吸おいて北へ向かいます。
いよいよ「旅するブックシェルフ」を仙台の名書店「火星の庭」で展示。
いままでの時間を考えたらこの展覧会も時が積み重なってきたなあ。と感慨があります。
実は「旅するブックシェルフ」は書店のリブロの池袋店の書店員さんの辻山良雄さんと一緒に企画した展示です。今回初めて、無理をお願いして辻山さんと26日のイベントでのトークの時間にお話しすることにしました。つまりこれで「旅するブックシェルフ」も一区切りになるかなあという予感もあります。
というわけで私にとって大事な展覧会なのです。

展覧会とイベントについては右のリンクをご覧ください。

楽しみです!

11/24


「洋梨の考古学」おかげさまで無事終了しました。

阿部海太郎さん、janisさん、オケのみなさん、そして制作の真帆さんはじめスタッフのみなさん。
そして!来てくれたみなさん。
ひとりひとりにお礼を申し上げます。

みんなで作ったコンサート。
自分には細かなミスもあったのですが最高の瞬間が間違いなくありました。

ありがとうございました。また何処かで。

2014年11月20日木曜日

キセル「明るい幻」

キセルの新しいアルバム「明るい幻」のための絵を描かせて頂きました。
レーベルのカクバリズムさんにアルバムの特設サイトができました。

明るい幻

ほんとうにどの曲も最高です。
この歌たちがない世界にはもう戻りたくありません。

キセルの音楽のこと、また改めて書いてみたいと思います。

2014年11月17日月曜日

“火星の庭”で「nakabanの旅するブックシェルフ」




まだまだ描きかけの「日本奥地紀行」に捧げる絵。 間に合いますように。

仙台のbook cafe 火星の庭での「旅するブックシェルフ」ももうすぐ。です。
展示は27日からですが26日は特別なイベントもありますので、ぜひ仙台のみなさまあそびに来て欲しいです。

お知らせが遅くなってすみませんでした!
また後日追記いたします。

2014年11月16日日曜日

11/15 エマーソン北村さんのライブ

エマーソン北村さんのレコ発ライブ。
どうしても聴きたくなって駆け込みました。
あー楽しかった!オルガン座が素敵なカリブの島のダンスホールに。
なんて素敵な音の手触りの質感。太くて軽やかで風通しのいい音楽なのだろう。
レゲエ〜ダブ。考えてみたら初めて生演奏で聴くのがエマーソンさんのソロで、これはなんだか幸運なことだな、と思いました。
しっかりその音楽の格好良いところのエッセンスが伝わって来ました。 

ダブのエコーを手弾きで表現してたり、足弾きベースとシンセベースを自然につなげたり、シーケンサーのスイッチのon offとか、いちいち粋で、手品のようで。それでいて自然でエレガントな演奏で。 それからお客さんをじーと見つめながら演奏しているお姿。 これは大切なことだよなあ、と考えさせられました。

そんなわけで良かった尽くしでした。

追記:
エマーソンさんのアルバムも買って来ました。とっても良いのでおすすめです。
新アルバム「遠近に」のジャケ絵はさかなの西脇さんです。

2014年11月15日土曜日

洋梨続報

web dacapoに23日の「洋梨の考古学」記事がupされました。

http://dacapo.magazineworld.jp/music/154912

親愛なるみなさま。
お知らせのご協力、お願いします。(礼!)

2014年11月14日金曜日

11/14



人類が彗星に探査機を到着させたって。
すごい。
空が懐かしくなる気持ち、解き明かしてくれるのかな。

それに比べたら目の前のどんな困難もたいした困難ではないと思う。ねえ?

2014年11月12日水曜日

楽譜新刊刊行のお知らせ

Umitaro ABE and nakaban presents 博物館コンサート「洋梨の考古学」

いよいよ!近づいて来ました。

来る23日、東京上野、国立科学博物館での開催です。

このコンサートを記念して、久しぶりにKirinca Music Foliosより楽譜をリリースします。カタログNo,1 ,2のトウヤマタケオさんに続く作曲家はもちろんこの人、阿部海太郎さんです。

そして気になる曲は、、、、、、、、、まだ秘密にしておきましょう。

でも少しだけヒントを。

海太郎さんの1st “6, Rue des Filles du Calvaire, Paris”「パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地」に収められた超絶美しい(ため息)あの!曲です。

試しにわたくしが校正時にですね、仮刷りの楽譜を手にピアノにぎこちなく向かってみましたところ、おお、あの響きが。
音楽ってすばらしい。楽譜作るってすばらしい。って再確認しました。

今まさに印刷屋さんががんばってくれています。
きりん果のmさんが印刷にもこだわっています。
印刷屋さん、海太郎さんのCD聴きながら印刷してくれるそうです。笑

出来上がったらすぐに東京にお届け、「洋梨の考古学」会場で先行発売します。
どうぞどうぞお楽しみに。

Umitaro ABE and nakaban presents 博物館コンサート「洋梨の考古学」

2014年11月11日火曜日

ふたり









2014年11月9日日曜日

「IL TENUGUINO」

「IL TENUGUINO」

はい。イタリア人も苦笑な名のパスタ風てぬぐいができました。

上記、広島中区にあるおいしい品の集まるお店「84」さんで密かに売っています。
そして密かに売れております。だれが買ってくれているのか、感謝だなあ。
出来上がるまでのストーリーは笑える話がいくつかありまして、お店の人に尋ねてください。
84(shop)×NLP(広島の謎の印刷職人Oさん)×nakaban(絵)というチームでググッとがんばった一品なのであります。
お取り寄せも楽しい時代ですがあえて広島でしか買えないという試みをしています。

新・広島おみやげにして欲しいなーと思います。
どうぞどうぞよろしくおねがいします。