2013年12月30日月曜日

2013 → 2014
























年は区切られますがずっと絵を描いています。
仕事が遅いせいですね。以前より確実に筆の進みが遅くなっています。
10年前より少しだけ考えて描くようになったかもしれません。
生きているうちに描ける絵にも限りがあるのだなあとも思います。

一枚一枚の絵にとりかかる時はいつでも不安です。
私は果たしてあたらしい絵が描けるのだろうか?
不安な気持ちは年々強くなるばかり。
この不安とともだちになりたいのですが…。

どこを見渡しても変化の多い昨今なので来年はどうなることかわかりませんが、それでも自分なりのパッションのある絵を描いていきたいです。

2013年もありがとうございました。(礼!)

nakaban

2013年12月27日金曜日

「とんぼのマークができるまで」


















2013年の重要な仕事の一つがこれでした。
新潮社・とんぼの本のwebサイトで「とんぼのマークができるまで」公開中です。
http://www.shinchosha.co.jp/tonbo/

2013年12月22日日曜日

展覧会はじまりました。




お待ちしております。

会場は熊本 さかむら と 橙書店です。
1月18日までやっています。

写真の後ろの方に置いてある「カリヨン黒板日誌」を見せてもらいました。
とってもいい本ですね。

2013年12月16日月曜日

年末年始は熊本で展覧会です


年末年始の熊本で展覧会です。
場所はantique&cafeさかむら。そして橙書店の2カ所同時開催です。
ほどよく離れた、つながっていないようでつながっているふたつのお店。
冬の熊本をお散歩いかがでしょうか。

nakaban 個展 とんだりはねたり
2013.12.20 (金) 〜 2014.1.18 (土) 日曜休 11:30〜21:30 

さかむら (熊本市中央区南千反畑町5-15 tel 090 9397 6501)
http://sakamuratakeshi.com



とんだりはねたりな新作展。
油彩とデッサンを展示します。
作家による手製の額入り。 



 

nakabanの“旅するブックシェルフ” 

2013.12.20 (金) 〜 2014.1.18 (土) 12/31.1/1休  11:30〜21:30 

橙書店+orange  (熊本市中央区新市街6-22 tel 096 355 1276  )
http://www.zakkacafe-orange.com/

世界各地を舞台にした書籍からインスピレーションを受けて制作された十数点の絵が橙書店にならびます。 もちろん書籍もならびます。
 ポルトガルからはじまる旅は、フランスの路地裏、スイスの湖畔、
ポーランドの木の机、インドの雑踏、中国の詩の世界、アメリカの食堂、
ペルーの密森、アフリカの石の町…とどこまでも続きます。

 絵を眺め、ページをめくって、素敵な世界旅行に出掛けましょう。
この展示は東京から始まり名古屋、福岡と巡回して来ました。
実際に書籍を手に取っていただけます。
すこしづつ新作を書き足しています。
今回の追加の新作の絵は2枚。いい感じに仕上がって来ました(←まだ描いてる)

2013年12月13日金曜日

ダブルフェイマス“6variations”



さあどこにあるでしょう?


たのしみにしていたdouble famousの新譜“6variations”がリリースされました。
この“6variations”はCDと本という体裁になっていて、本の方に絵で参加させていただきました。

この作品にストーリーを与えているのはダブルフェイマスの20年という歴史。そしてクラウドファンディングという方法で歴史を共有するかたちでつくられたという事。 
このアルバムが素晴らしいのはバンドの6人の音楽だけに留まらない技能(編集、料理、企画とかetc)が結集して一つのパッケージにまとめられているということ。でもレシピとかダンスとか謎の地図とかいろいろ入っている中でなにより音だけで今のダブルフェイマスを表現していること。

自分もがんばらねばという刺激を久々にもらいました。続けるというテーマがこの作品がひそかに強烈に発しているメッセージなのだと思います。時代はいろいろアレになりつつあるけど対抗手段は続けるということ。続けられなくなった時にどうすればいいか?その答えは頭をひねってやっぱり続けるということなんだ。
そんなことを強く思いました。
もの作りをしている人は特に刺激を受けるはず。
ぜひ買って聴いてページをめくってください。

double famous.com

2013年12月6日金曜日

Frederika・えんぴつで描いた壁画

 











photo by mari kakuta

三重県、近鉄四日市駅前のFrederika
2013年11月に移転のため閉店しました。
四日市と言えば、の「ラジカフェ」の二号店。
珈琲とドーナツのおいしい町の喫茶店。
最近はライブのステージとしても大活躍。

2009年夏、フレデリカをつくる事になって、オーナーの川村さんはほとんど寝ずにあれこれあれこれやっておられました。
そんな中私もロゴや看板のデザインをさせてもらって、オープンの直前に四日市に行って真夜中に壁画を描いたのでした。

フレデリカにはピカピカのgrafのテーブルが並んでいました。キッチンとは別にバーカウンターがあり、そこにはいろんなお酒が置かれて出番を待っていました。
壁画を描きながら真夜中に気になるいろいろなお酒をこっそり味見…お酒が強くて梯子の上で酩酊目眩。ブログには書けない内緒の出来事であります。
あ、そうだ試作品のドーナツを差し入れしてもらって凄くおいしかったのもよく覚えています。

シンボルマークのオオカミをめぐって自然のモチーフを描きました。
がやがや普段使いの駅前の喫茶店だからこそ、聖域であるようにしたかった。
それと、この店らしい新鮮なサラダのようなあかるい感じ。
だから固めの鉛筆でさっと描くのがいいと思った。

というわけでほんの4年前なのにとても懐かしく思い出しました。
惜しまれつつのひとまずの閉店。来年にはまた四日市の別の場所にオープンするそうです。
この壁画が消えてしまうのがやっぱり残念で、まりちゃんに写真を撮ってもらいました。素敵な写真をありがとうございました。

2013年12月4日水曜日

12/4























長野の友だちが送ってくれたりんご。
おいしくてもう少ししかのこっていない。
下は真夜中に突然描き始めた習作。
瞳の光は絵具の反射。ちょっと不思議。