2011年12月25日日曜日

12/25

楽しきランテルナムジカ岡山〜松山〜高知ツアー終了。

2011年12月16日金曜日

12/16

モランディのアトリエの写真を撮ったルイジ・ギッリの展示を観た。
絵画の時間に沈んで行く写真が美しかった。
「聖域」ということばは目を曇らせてしまう様だけれど、やはりあのアトリエはどう見てもつくられた聖域だと思う。写真の撮り方、焼き方という演出を差し引いたとしても、濃密な時間が流れている感じが写真から伝わってくる。モランディは場所を選び、道具を選び、その結果生じる時間の流れる速さを注意深く「整えて」いたと思う。

2011年12月12日月曜日

12/12

1

レテで西脇さんにお目にかかって絵の話し。
嬉しさの余韻がずっと残っている。
20年前くらいの私が学生だった頃から尊敬する画家で、
だから思わず学生にもどったような気持ちになった。

2

new「さかむら」がもう出来たと知る。
行かねば参らねば熊本。
元気でやってるようでよかった。
…熊本弁になってたらおもしろいのに。

2011年12月11日日曜日

12/11




月が欠けて、また丸くなって沈んで行った。
夜明けはfolonの絵みたいだ。

2011年12月10日土曜日

12/10



2011年12月9日金曜日

ジョルジェ・エネスクのテープ

星の原っぱで激しくsaxを吹き続けた篠田昌已さんの音楽…!
そして、篠田さんが繰り返し聴いていたというジョルジェ・エネスクのテープ。
そのコピーを頂き、それを聴き乍ら絵を描いています。
その音楽を譲ってくれた人といま作品(絵本です)を作っている事の不思議。

2011年12月5日月曜日

12/5

展示も絵画教室も終わり、気持ちも入れ替え。
今日の朝はナナロク社から出るとある詩人のエッセイ集。

待って待って待ってもらって今ようやく全ての絵を渡した。
こんなに待ってもらったのは初めてで、恐縮しつつ、全力で脱力な絵を描いた。
きっといい本になる。
全力で脱力っていいな、楽器を弾くのも武術も脱力だというし、絵だってそうだ。体と精神の事に、もっと向き合いたい。

2011年12月2日金曜日

12月




あっというまに12月に入り、nakaban EXPO
「とびらにきのえかかったとき」
最終日が迫って来ました。4日(日)迄です。

とうとう数えられなかったけど、150点くらい展示されているらしいです。
展示室がたくさんあります。そして展示室の中には家具がたくさんありその中に小さな展示室が…と、奥行き感のある展示になっています。
どうぞよろしくおねがいします。